レーザー脱毛安い

医療脱毛の仕組み

永久脱毛をしたいと考えたら、あなたはエステサロンと医療機関のどちらを選ぶでしょうか?痛みが少ないし、料金が安いからエステサロンを選ぼうという人は未だに多いのですが、結果的にみると、医療機関で脱毛をした方がお得であると言っても過言ではありません。医療脱毛では黒色や茶色に反応する高出力の医療用レーザーを皮膚に照射することによって、脱毛をすることができます。医療用レーザーの照射によって、メラニン色素を多く含む毛母細胞を破壊しますから、今生えている毛をなくすだけでなく、これから生えてくる予定だった毛さえも生えて来なくすることができるのです。ちなみにAEA(米国電気脱毛協会)の永久脱毛の定義とは「脱毛の終了から1ヵ月後の時点での毛の再生率が20%以下の場合」となっています。「なんだ完璧に永久脱毛ができないのか」と思ってしまうかもしれませんが、個人差があるために完全に毛母細胞が破壊できないケースもあるのです。しかし医療脱毛によって、半永久的に脱毛することができます。エステサロンの脱毛の場合は毛母細胞の破壊が行えるほどの高出力のレーザーを使うことができないので、一時的な減毛にすぎず、永久脱毛は実現できません。このことから永久にムダ毛の悩みから解放されたいのであれば、医療機関でレーザー脱毛を行うことをおすすめします。

 

レーザー脱毛は痛い?

一般的に医療機関で行われる脱毛は痛みが強いと言われています。確かに照射パワーが強いのでパチンとゴムを弾くような痛みを感じる人がほとんどですが、痛みが耐えられないようであれば、出力を下げてくれるので安心です。医療機関であれば施術を行うのは看護師ですから、患者の様子を見ながら、施術をしてくれるので痛みが気にならないという人も多くいます。最近の脱毛マシーンは照射口が広くなっているために、従来の施術時間よりも圧倒的に短い時間で施術を終えることができるようになってきました。またライトシェアデュエットのように照射部位を吸引しながら照射を行うマシーンであれば、痛みをできるだけ軽減することができるので、エステサロンでの施術と比べてもそれほど苦痛に感じるものではなくなってきています。医療機関であればライトシェアデュエット以外にも色々な種類の脱毛マシーンが用意されている所がほとんどなので、無料カウンセリングの時に詳細を尋ねておいて不安を払拭してください。

 

近年の医療脱毛の価格破壊

短期間で永久脱毛を実現できる医療機関のレーザー脱毛ですが、それでも料金は高額なのではないかと心配するかもしれません。しかし医療機関のレーザー脱毛は近年価格破壊がすすんでおり、例えば大阪の梅田や銀座に医院があるレジーナクリニックであれば、全身26箇所医療レーザー脱毛が5回で189,000円(税抜)です。分割払いも対応してくれていて、毎月6,800円(税抜)で全身脱毛を行うことができます(顔・VIOを除く)。この料金であればエステサロンの全身脱毛と全く遜色ないと言っても良いでしょう。もはやエステサロンの方が脱毛料金は安いと言われる時代は終わったと言えるでしょう。レジーナクリニックであれば、VIOは5回で84,000円(税抜)です。10万円以下でVIOラインを綺麗にできるのであれば、メリットしかないです。医療脱毛も価格破壊の時代ですから、美容皮膚科は料金が高いと思って敬遠していた人もぜひ公式ホームページなどでチェックしてみてください。

 

医療脱毛のその他のメリット

もはや医療脱毛は安いし、効果が早いし、選ばない理由はないでしょう。さらに医療脱毛を選ぶ理由を付け加えるならば、それは絶対的な安心感です。脱毛は医療行為ですから、本来医師や看護師が行わなくてはなりません。エステで脱毛が行えるのはお肌のトラブルが少ないように照射パワーが低いからです。そのため脱毛効果も低くなっています。医療レーザー脱毛であれば、施術は看護師が行ってくれますし、医師が診察も行ってくれます。万が一お肌にトラブルが現れれば、処置もしてくれますから安心して脱毛にチャレンジできます。これほど条件が揃っているので、医療レーザー脱毛はお安い買い物と思って良いでしょう。

 

脱毛は大人の女性のエチケット
欧米の中高年の女性は脱毛を大人の女性のエチケットと考えています。その考えは最近日本でも浸透してきており、そのうちムダ毛の自己処理という概念すら無くなるかもしれません。時代に取り残されないためにも早めにプロにお願いしてムダ毛のない綺麗な女性を目指しましょう!